AEKYUNG PETROCHEMICAL
 
 
Home > R&D > R&D槪要 
 
愛敬油化の研究開発は1992年度に付設研究所を設立した以後、石油化学及び精密化学分野、品質及び工程改善のために研究開発を集中して来た結果、イタコン酸、N-メチル・ピロリドン(NMP)、ポリエステル・ポリオル(PA Polyester Polyol)、高機能性の可塑剤などのレベルの高い研究成果を成しており、
また、2001年7月には先端新素材、バイオテクノロジーの技術開発のために大田(DAEJEON)に中央研究所を開所して、先端産業分野への事業進出のために研究開発活動に投資を集中しています。 このような研究開発活動を通じて、世界ではじめて化学的な反応によるイタコン酸を製造する方法を商業化してハイクオリティー製品を韓国内に市販しています。  なお、気相水素化によるN-メチル・ピロリドンの製造、ポリウレタン原料で使われるポリオル、高機能性の無毒性可塑剤、環境親和溶剤 などを開発して韓国化学産業に寄与  しています。

今後、優秀な研究開発人力の継続的な確保、研究開発投資の拡大及び集中、核心新技術の開発及び適用などを通じて優秀な研究成果を新たに創出する世界的な化学会社になるために 最善の努力を尽くします 。

2012.05 全州工場(負極素材)起工式
2011.06 愛敬油化, ロッテ建設, 湖南石油化学 微細藻類 バイオー原料共同研究協力MOU締結
2011.04 火に燃えない断熱材 'AK PIR'耐火認証 獲得
2010.12 SKイノベーションと電気自動車用バッテリ負極素材事業協力MOU締結
2010.08

知識経済部主管 '世界市場先占 10代核心素材(WPM)事業'の事業団に選定 (多機能性高分子メンブレン素材, 高エネルギー二次電池用電極素材)
2009.03 専門研究要員(兵役特例)研究機関指定
2008.01 BIOディーゼルの事業化
2007.08 電池素材の研究着手
2006.12 ポリウレタンの準不燃材料性能認定
2006.06 BIOディーゼル開発完了
2005.10 ポリウレタンの難燃材料性能認定
2003.12 大田研究所内に創業保育センターを開所
2001.07 大田 中央研究所を開所
1999.12 専門研究要員(兵役特例)研究機関で選定
1994.08 社名変更で、愛敬油化(株)蔚山研究所に変更
1993.01 独立研究洞を建築及び入居
1991.01 三敬化成(株) 附設研究所の設立申告及び認証
1989.01 三敬化成(株) 研究開発部で研究組職を拡張
1983.01 三敬化成(株) 技術部開発課で研究開発の担当組職をスタート
大田研究所 位置
  住所 : (305-345) 大田広域市儒城区新城洞 217-2
  T E L : 82-42-879-0013
  F A X  : 82-42-879-0019
主要施設   本館洞(地下1階、地上5階),PP-1、2洞(地下1階、地上1階),廃水処理場、
  廃棄物倉庫、危険物保管所(面積:5,086坪),当所及び創業保育センターへの
  入居会社間の共用施設
 - 大 ・ 中 ・ 小セミナー 室
 - 中 ・ 小会議室、講堂など
蔚山研究所 位置
  住所 : (680-180) 蔚山広域市南区上開洞 724
  T E L : 82-52-259-8562
  F A X  : 82-52-269-1081
主要施設   独立研究洞(3階建て、面積354坪)
  有機合成室、機器及び物性分析室 - 品質分析室 - 図書室、セミナー室、
  パイロット室
  付属建物:PU発砲室
研究設備   合成設備:300余種類.
  高分子物性設備:万能試験機、発砲機、難燃試験機
  パイロット設備:エステル化設備、蒸溜/蒸発設備、水素化設備 …
  主要機器:FT-IR, GC-MS, GC-AED, HPLC, GPC, TA, AA, CIA
大田研究所
  住所 : (305-345) 大田広域市儒城区新城洞 217-2
  T E L : 82-42-879-0013
  F A X  : 82-42-879-0019
  E-mail : daejeonrnd@akp.co.kr
蔚山研究所
  住所 : (680-180) 蔚山広域市南区上開洞 724
  T E L : 82-52-259-8562
  F A X  : 82-52-269-1081
  E-mail : ulsanrnd@akp.co.kr