AEKYUNG PETROCHEMICAL
 
 
 Home > 製品情報 > 可塑劑
 
 
可塑剤は酸とアルコールを触媒に 加熱反応させて作られる 有機エステル化合物です。高分子化合物に添加して可塑性を与えて加工性を改善し、物理的な性質を変化させて優秀な性質を持つようなはたらきがあります。例えばレザー、シート、PVCフィルム、ワイヤ  などに柔軟性、耐寒性、耐揮発性、電気的特性を強化する目的で添加されています。
当社は1964年から生産を始めた愛敬油脂工業(株)の工程を改善・発展させて7回の新増設を通じ、DOP基準年間350,000トンの生産能力を保有しており、可塑剤専門会社として多様な可塑剤を生産・提供しています。

単一工場規模で世界最大の無水フタル酸の自家消費を通じてフタル酸系の可塑剤のハイクオリティー、低コスト化を果たしたし、四つのBATCH TYPEのを利用し、DOP、DBP、DINPなどの一般可塑剤だけでなく、Citrocizer、Pyrocizer、Olicizerなどの高付加価値可塑剤も生産・提供しており、高付加可塑剤類は世界的に知名度のある分析機関であるSGS、韓国生活環境試験研究員等から親環境性を認められ、多様な顧客の要求に応じています。
また、蓄積された技術を土台として、1998年7月には年間100,000トンのDOP連続式工場を独自技術で建設し、世界最高品質の製品を生産・提供しています。"

(生産能力:350,000トン/年)
PRODUCT 特徴 & 用途
DOP
(DIOCTYL PHTHALATE ,
DI-2-ETHYLHEXYL PHTHALATE)
フタル酸系の代表的な可塑剤として塩化ビニール、酢酸ビニールに優れ
  た相溶性を持ってあり、レザー、シート、PVCフィルム、ワイヤ、成形
  品、塗料などに利用
DINP
(DIISONONYL PHTHALATE)
DOP に次ぐ 汎用性 可塑剤 で 耐熱性、耐寒性 及び 耐揮発性が優秀で PVC ペースト の SOL 化に 優秀 。 PVC フィルム 、 レーザ、シート、ワイヤ、ペースト 樹脂 などに使用
DBP
(DIBUTYL PHTHALATE)
耐久性より相溶性を重視する部門に利用されており、PVC用可塑剤として
  建築資材用、塗料用樹脂、接着剤、潤滑油などで利用
DOA (DIOCTYL, ADIPATE, DI-2-ETHYLHEXYLADIPATE[DEHA]) 耐寒性、耐光性、耐熱性、PVCなどの粘度安定性が優れて、主にPVC用の
  耐寒性可塑剤として利用されて合成潤滑油のBASE OIL、高温低温用グリース
  添加剤として利用
DINA
(DIISONONYL ADIPATE)
食品包装用フィルム、一般フィルム、レザー用で利用
DIDP
(DIISODECYL PHTHALATE)
低揮発性、耐熱老化性、電気節煙性を持っており、耐熱ワイヤ用、自動車用レ
  ザー、コンパウンド、ペーストなどに利用
NEO-P
(CARBOXYLIC AROMATIC ESTER)
アルキルグル−ムの独特の構造によって熱抵抗性及び耐移行性が良い。
   汎用可塑剤で ある DINP, DIDPと比べて DINPと DIDPの中程の加工性を
   持っている. DIDPを取り替える可能。
NEO-T; DOTP
(BENZENDICARBOXYLIC ACID, BIS(2-ETHYLHEXYL) ESTER)
親環境可塑剤で知られた DOTPとして熱抵抗性及び透明度が高い製品。
TINTM
(TRIISONONYL TRIMELLITATE)
熱抵抗性, 耐化学性が優秀。 電線に広く使われて耐熱電線に優秀。
TOTM
(TRIOCTYL TRIMELLITATE)
耐熱性可塑剤としてビニールワイヤの被服分野に広く利用されており、耐熱
  ワイヤ、耐熱レザー、フィルム、コンパウンドなどに利用
OLICIZER-20N
(Adipic acid Polyester)
耐揮発性、耐移行性、耐油性、耐水性などが高くて、PVCに対して優秀な
  性能を持つ。 NONPHTHALATE系の可塑剤。
  耐油ホース 、耐移行ワイヤ及び 耐溶剤性、耐油性が要求される分野に使用。
PYRO-C
(MIXED ALCOHOL ESTER)
  可塑效率性及び耐熱特性が優秀で耐熱電線材料で使用。
 工程中原価低減及び比重が相対的に低い製品。
NEO-C
(MIXED ALCOHOL ESTER)
植物性カルボックシル酸で作った親環境可塑剤。
  耐寒性が優秀な可塑剤で DINAと類似。食品包装用ラップに使用。
1. 一般可塑剤

項目 DOP DINP DOA TOTM TINTM DBP DIDP NEO-P DINA
色相 (APHA) 20↓ 20↓ 20↓ 40↓ 30↓ 25↓ 25↓ 25↓ 30↓
比重
(20/20℃)
0.986±
0.003
0.976
± 0.003
0.927
±0.003
0.990
±0.003
0.979 ± 1.048
±0.003
0.968
±0.003
0.961
±0.0044
0.922
±0.003
酸価
(KOH mg/g)
0.02↓ 0.02↓ 0.04 ↓ 0.10↓ 0.10↓ 0.05↓ 0.03↓ 0.03↓ 0.10↓
エステル価 287±3 267±3 302±3 307±3 99.0 ↓ 403±3 251±3 99.0↑ 280±3
屈折率 (nD25) 1.485±
0.003
1.484±
0.003
1.446±
0.003
1.484±
0.003
1.485 1.491±
0.003
1.484±
0.003
 
 
1.452±
0.003
加熱減量 (wt%) 0.07↓ 0.07↓ 0.10↓ 0.10↓ 0.10↓ 0.30↓ 0.08↓   0.20↓
体積固有抵抗 (Ωcm, 30℃) 4.0 x 1011
5.0 x 1011
5.0 x 1011
4.0 x 1011
5.0 x 1011
3.0 x 109
4.0 x 1011
  5.0 x 1011

2. 高付加可塑剤


項目 PYRO-C OLICIZER-20N NEO-T NEO-C
色相 (APHA) 20↓ 200↓ 15↓ 15↓
比重
(25/25℃)
0.962
±0.003/
1.0~1.2 0.983
±0.003/
(20/20)
0.983
±0.003/
(20/20)
酸価
(KOH mg/g)
0.03↓ 2.0↓ 0.03↓ 1.0↓
屈折率 (nD25) 1.4410~1.4425 1.465 ± 0.003    
体積固有抵抗
(Ωcm, 30℃)
1.0×10 10 1.0×10 10 4.0x1011 4.0x1011
粘度
(cps, 25℃)
42 (20℃) 2,500±300 80 (20℃) 22 ±3
(20℃)
項目 検査試験方法(國際規格)
色相 (APHA) B06-PD01 (JIS K 6751)
比重 (20/20℃) B06-PD02 (JIS K 6751)
酸価 (KOH mg/g) B06-PD04 (JIS K 6751)
屈折率 (nD25) B06-PD03 (JIS K 6751)
体積固有抵抗 (Ωcm, 30℃) B06-PD08 (JIS K 6751)
粘度 (cps, 25℃) B06-P005 (ASTM D 4878)
     Drum
   Tank-Lorry